背中ニキビには刺激は厳禁

学生の頃、背中にたくさんニキビがあったので、プールの授業が嫌で仕方がなかったです。
プールに入っている時は、水着から背中が大きく見えているので、男子に気持ち悪いとか、女子にも一緒のプールに入ったらニキビが移りそうなどど言われ、とても辛い思いをしました。

背中のニキビがプールの水に触れると、すごく痛かったです。プールの水を消毒するために入れられている塩素のせいか、ヒリヒリと染みるんです。夏の強い日光も、ニキビを刺激していたようです。でも、学校の授業なので、プールに入らないわけにはいきませんでした。

夏が終わり、水泳の授業が終わると、背中のニキビはだいぶ良くなりました。やっぱり、原因はプールの水と強い日差しのようでした。
次の夏がくる時に、母親と一緒に背中があまり開いていない水着を購入しました。
背中にワセリンを塗るとある程度水をはじいてくれるので、ニキビに染みることはなかったです。背中が日光に当たらないようにも気をつけました。外で体育をするときは、UVカットの肌着を来て授業に参加するようになりました。

とにかく、ニキビを刺激しないようにすることで、背中のニキビはだんだんと良くなり、治っていきました。今では肌が綺麗と言われるのがすごく嬉しいです。

背中ニキビに悩んでいました

私はある時期、に悩んでいました。
もともとニキビができるような肌質ではなくて、普段もめったにニキビができることはありませんでした。
原因はおそらくホルモンバランスが崩れてしまったことと、夏の暑い日々が続いて汗をかきやすくなっていたこと。
また、転職後のストレスなどで、精神的にも不安定だった為だと思われます。

ニキビは簡単にいうと、過剰な皮脂分泌によりそれが雑菌と結びつき炎症を起こしてしまう現象です。
過剰な皮脂分泌の原因としては、もともとオイリーな肌質の方、ホルモンバランスの乱れにより肌質が変わってしまった方などが多いのではないでしょうか。

夏場は背中が見える薄着や水着を着る機会も多いためショックでした。
いろいろ対策を考えて実行した結果、有効性を感じた方法はさっぱりめの洗顔石鹸で、お風呂にはいるときに背中もしっかり洗うという事です。
皮脂はしっかり取りきれないと、雑菌が繁殖してさらニキビが悪化していく可能性があるので、出来るだけしっかりめにしました。
また、逆に乾燥していると肌表面のバリア機能の低下により、同じく雑菌が繁殖しやすいようです。

そこで、洗浄後はしっかり保湿もしました。
出来るだけ低刺激の物でにきびをつぶさないように塗ることでみるみる回復していきました。できれば炎症を押さえる作用がある成分を含んだ物がよいようです。
その後ニキビが改善されて今は幸せです。